勉強

しまじろうの英語🆎で変わった日常生活3つのこと

子供が通う幼稚園は、年中さんから英語の時間が始まります。

それを機に以前から気になっていた「しまじろうの英語」を始めました。まだ届いてから半月程ですが、私の予想以上に素敵なもので、英語を日常的に聞いたり話す内に、普段の生活でも変化がありました。体験談としてお話したいと思います。(決してベネッセさんの関係者じゃありませんw)

もし、「英会話教室も気になるけど、自宅で学ぶのも良いな」とご検討中なら、参考になれば幸いです。

しまじろうの英語で変わった日常生活3つのこと

入会までのあれこれ

まず入会ですが、現在「こどもチャレンジ」などを受講中ならば、必ず毎号の教材と共にチラシが入っていると思います。そちらに記載のフリーダイヤルから直接電話も可能ですし、webからの入会も可能です。

webから入会する場合は、こどもチャレンジ受講中ならば「会員番号」「パスワード」が必要になりますので、お手元に準備してください。後は流れに添って必要事項を入力したら完了です。

早ければ一週間前後で自宅に教材が届きます。

⏬⏬3月号ならこんな感じです⏬⏬

では、早速ですが子供の様子も交え日常生活で変わったことをお話したいと思います。

身近なものを「英語でなんて言うの?」と気になるようになった

まだ日本語もはっきり言葉に出来ない我が子。英語を聞いたり話したりしても、上手く話せなくて嫌になるんじゃない?と半ば諦めながら始めてみた英語ですが、いざやってみると本人は楽しいイラスト満載のテキストを繰り返し遊ぶようになりました。

また続けるうちに「英語」に対しての偏見も無いので(私はものすっごい苦手意識がありますが…(._.))純粋に「遊び感覚」で喋りたての頃のような質問を聞かれるようになりました。

「これは英語でなんて言うの?」

身近な食べ物や動物、色や数字と目につくものをどんどん聞かれます。答えられるものなら良いのですが、最近は迷うものも出てきて、久し振りに学生気分で英語を勉強し直しています。

「勉強」として学ぶ前の苦手意識がない状態で学び始めると、「遊び」の一環として吸収出来る気がします。(個人的見解ですが)

今まで「日本語」で話していたことを「英語」で話すようになった

今も一生懸命学び中の「日本語」ですが、「英語」を始めてから少し経つと、ふとした瞬間に英語が飛び出すようになりました。

先日寝る前にお父さんに「おやすみ」と挨拶をしていたら、それに続けて「good night」と、たどたどしくはありますが、口にしていました。……講座でやっていたかな?と不思議に思っていると、「この前ママが言ってたよ?」とのこと。

まだ単語や短い挨拶だけではありますが、覚えた英語を度々口にするようになったので、親も出来る限り英語で答えたりするようにしてます。それをまた真似して子供が話すので、少しずつではありますが、家の中で英語が浸透してきました。

もちろん。まだ英語だけでは私も含め出来ないので、「日本語」と「英語」をセットにして話すようにしています。

DVD でも所々交互で話すようになっているので、子供にも分かりやすいようです。挨拶や短いフレーズを繰り返し繰り返し口に出すと、日常でも自然に話せるようになると思います。

繰り返し繰り返し遊ぶようになったことで、集中力がついた

これは、たまたまかもしれませんが……

英語を始めてから、物事への集中力が増したように感じました。我が子は根っからの飽き性で、思い通りにいかないとすぐに諦めてしまうタイプ。ほとほと困っていましたが、最近は一度集中すると、根気よく続けるようになりました。

いつもなら諦めてしまうブロック遊び。作り方を見ながら黙々と完成させました。普段は途中で「出来ないーーー!」と私に持ってくるのですが、そう言ったこともなくなりました。

これは英語を繰り返し繰り返し遊ぶうちに得た賜物かしら?と勝手ながら思っています。

一つのことを繰り返し繰り返し行うことで、「集中力」が付くのかもしれません。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

素敵な英語の学習法が見つかりますように(*^^*)

 

ABOUT ME
zakuron
小学校に通う娘と超絶ポジティブ思考の旦那を持つ主婦です。長年衣料品の販売員として接客の楽しさ奥深さを学び、結婚を機に退職。 趣味はゲーム・映画鑑賞・漫画を読むこと(主に少年漫画) 今一番ハマっているゲームは「ゼルダ無双 厄災の黙示録」です。楽しくて嬉しくて泣けて…と忙しく日々プレイしています。 また自己啓発本も大好きです♪ 時々落ち込んでも家族に助けられ、上を向いて元気に生きています。 好きな言葉は「なんとかなる!」です。