幼稚園

ベネッセに学ぶ📝入学前に身に付けたいこと~日常編~

こんばんは🌃

私的に今年は映画の大当り年🎯なので、ワクワクが止まらないざくろんです。

今回は、現在受講中の「こどもチャレンジ」にて頂きました、

「入学準備1年間やることはやわかりポスター」を参考に、我が家の現状と今後の活用例をお話したいと思います。この春🌸年長さんになられたお子様の、お父様・お母様。宜しければご参考下さい。

入学前のお子様との大切な一年間をお互い素敵な時間にしましょう🎵では、早速参ります🏃💨

🌠早寝・早起き🐥を心がけよう

現状

寝るのが大人と同じ夜9時~10時起きるのは7時半~8時半と、幼稚園登園時間ギリギリになってしまう起床時間になっています。夜は早く寝るよう促すも遊びやテレビに夢中になってしまうことが多く、朝早く起こすも寝るのが遅いので、まだ寝ぼけていて、朝食を食べながらぼんやりしていることが多いです。

対策

○早く寝るよう段取りをよくし、夜8時~9時には就寝

○眠りに就きやすいよう、日中体をしっかり動かす

朝は決まった時間に起こす

傘の開閉・雨の日☔の歩き方に慣れよう

現状

ボタンを押して開く「ジャンプ傘」ではなく、ゆっくりと手で広げるタイプの傘を使用していて、そちらは開けるようになりました。ですが、まだ力が足りないのか「閉じること」は出来ません。雨の日の幼稚園登園で傘を使用しますが、うまく差せないようで、前方がおろそかになりがちです。

対策

○晴れの日でも遊び感覚で「開閉」の練習

○傘を持って歩くとき注意することや持ち方をを改めて教え、練習する

○今使用しているものが古くなっていたら「子供が差しやすい・使いやすい傘」を一緒に選ぶ

立っての着替え・和式トイレ🚻を練習しよう

現状

我が子は身長があるわりに細身のせいか、立って着替えるのが苦手です。バランスを崩して、尻餅をつくこともしばしば。首回りのゆったりした服やズボンを履くときはなんとか出来ていますが、着にくい服は座って着替えています。

トイレに関しては、通っている幼稚園が年中から全て「和式トイレ」のため慣れているようです。ただ外出先の「和式トイレ」は園と違い便器が大きいので、少しまたぐときに不安があるようです。また大の時拭くのは苦手なので、練習が必要です。

対策

○ローテーブルや腰高の台などに着替えを置き、捕まりながらで良いので立って着替える練習をする

○外出先では「和式トイレ」を積極的に使う

○お尻の拭き方をもう一度教え練習する

重い荷物に慣れる・持ち物の準備は自分で

現状

手で持つのも背中で背負うのも苦手です。疲れてくると「持ってー」と甘えられ親が荷物を持つのが常です。小さな頃にはリュックに荷物を入れて歩いていましたが、何回か後ろに転倒したのでやめました。

また日常できる「着替え・持ち物」の準備は、どこに何があるかをシールなどで分かるようにしてから、小さなことは自分で出来るようになってきました。まだまだ甘えがありますが、自分で出来ることが嬉しいようなので、気分が乗っているときは、進んで準備しています。

対策

○ランドセル+教科書をイメージしてリュックに荷物を入れ歩く練習をする

○通園・外出時も出来る限り荷物やカバンを持ち慣れておく

○体を沢山動かし「体力」「腕力」をつける

○物の所在を明記して、幼稚園の持ち物準備を自分で出来るようにしておく

 

机に向かう練習を始めよう

現状

現在受講中の「こどもチャレンジ」や幼児雑誌の知育あそび等々。常にリビングのローテーブルで行っています。一時ダイニングテーブルで行っていましたが、足がブラブラしてしまい集中出来ませんでした。ローテーブルで正座に変えてから、比較的集中して取り組むようになりました。我が家は低学年の間は「リビング学習」を考えているので、子供専用の学習机は今のところ予定していません。

対策

本人が一番落ち着く場所に「子供専用机」を置く

親と一緒に机に向かって遊べることを見つけ「楽しく」遊ぶ

○机に向かって勉強なり遊ぶときは、テレビなどはやめて集中できるようにする

 

と、我が家なりの現状と対策をお話しましたが、子供からするときちんと理由も教えて欲しいと思います。我が家も最近「これは何?あれは何?どうしてしなきゃいけないの?」のなぜなぜが頻繁です。

そこで少しでもお子さんの「疑問」「不思議」に分かりやすく説明が出来るように、下記に書いてみました。お子さんが少しでも納得して、取り組めるようになってくだされば幸いです。

子供の素朴な「❓」に答えようのコーナー

Qどうして寝るのがたいせつなの?

A・眠ることによって疲れた体や頭を元気にしてくれる。また体の中に残ったいらない物を出したり、風邪などの病気にかかりにくくする「免疫機能」も眠ることによって高まるから。

身長を伸ばしたりする子供に大切な「成長ホルモン」は寝ている間に作り出されているから。

「らいふ」参照

Q どうしたらバランスがとりやすくなるの?

A・「バランス遊び」で一緒に遊ぼう!

○縄跳び 「へびさんにょろにょろ🐍」

①縄の片側を柱などにくくりつけ、もう片側を親が持ち低く構えます。(大縄にもなる長いものがおすすめ)②へびがにょろにょろするように縄をうねらせて、その縄に触れないように子供に飛び越えてもらう

飽きてしまったら、「おおなみこなみ🌊」「ゆうびんやさん🏣」のゆらゆらした動きにチャレンジ!体重移動が必要なのでより効果的。

○手押し車

①子供の足首を持ち、腕の力で体を支える体勢にする(腕立ての足が浮いてる状態)②子供に合わせてゆっくり前進する

曲がる・下がるなどの動きを取り入れると腹直筋・腹斜筋がより鍛えられます。

私の経験談でもありますが…子供が突然腕の力を緩めることがあります。顔や首を痛めないように、長くても30秒以内で切り上げましょう。

「Chiik !」参照

Q どうしたら正座してもしびれにくくなるの?

A・○背筋を伸ばす○左右の足を「ハの字」にしてお尻を足と足の間におさめるようにする○座布団を下に敷く

ただ、長時間だと正座に慣れてないと痺れてきます。そんな時は、正座の体勢から足を揃えてかかとを上げ、かかとの上にお尻を置くとしばらく経つと「痺れ」が和らいでいきます。

「ヨムーノ」参照

最後までご覧頂き、ありがとうございました(*^^*)

来年の入学に向けて、親子で楽しく準備して頂ければ幸いです♪

 

ABOUT ME
zakuron
小学校に通う娘と超絶ポジティブ思考の旦那を持つ主婦です。長年衣料品の販売員として接客の楽しさ奥深さを学び、結婚を機に退職。 趣味はゲーム・映画鑑賞・漫画を読むこと(主に少年漫画) 今一番ハマっているゲームは「ゼルダ無双 厄災の黙示録」です。楽しくて嬉しくて泣けて…と忙しく日々プレイしています。 また自己啓発本も大好きです♪ 時々落ち込んでも家族に助けられ、上を向いて元気に生きています。 好きな言葉は「なんとかなる!」です。