お出掛け

今さら聞けない?「七五三」の服装・マナー・年齢まとめ

­

こんにちは🐥

健康診断を急ぎ足で受けて動悸が激しく、再検査になりオロオロしている、ざくろんです🍒

皆様今年の「健康診断」はされましたか?「何も異常がない時」ほど健康診断できちんと検査をして、穏やかな日常生活をお過ごし頂ければと思います。

本日も当ブログにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

さて、本日は。今年数えで七歳になる娘の「七五三」の祝いにちなみ、

「七五三のマナー」について、お話します。

ふと「周りに言われるままに七五三を終えたけど、本当にこれで良かったのかな?」と疑問に思いました。服装や参拝方法、日取りなど。地域で差もあるかと思いますが、一般的な「七五三」の流れを調べてみました。

今年「七五三」の年に当たるご家族の皆様の、参考になりましたら幸いです。

では、早速参ります🏃💨

「七五三」について

 

改めて「七五三」とは、どのようなものかお話します。

七五三の起源は室町時代とされています。

当時は生まれたての赤ちゃんが亡くなることが多かったため、生後3~4年経過してから、当時の戸籍に登録をしていました。そして、これまで無事に成長したことへの感謝、そしてますますの健やかな成長と幸せを願い、お願いするようになりました。これが七五三の由来とされています。

縁起の良いとされる3歳・5歳・7歳に行う家族の「内祝い」のことを七五三として今では定着しています。

年齢によって、次のような名称と意味があります。

★3歳 男女【髪置 (かみおき)】

人生の最初の節目として、これまで無事な成長を祝い、髪を伸ばし始めたことを起源とする儀式

★5歳 男子【袴着 (はかまぎ)または 着袴 (ちゃっこ)】

知性が急速に発達し、人としての心が芽生えます。その成長を祝い、大人の礼儀を模した袴を着る儀式(三歳の場合もある)

★7歳 女子【帯解 (おびとき)】

喜び・悲しみなどの情緒が発達する時期です。少女になるお祝いに、それまでの付け帯を取り、初めて帯を締めて着物を着る儀式

女の子と男の子ではお祝いする年齢が異なります。

3歳のお祝いは地域やご家族の方針などによっても変わります。

「七五三」服装選びについて

子供の服装

年齢によって、着る着物が変わります。

3歳《髪置》《三つ身 お被布》

3歳のときは小さい「三つ身」の着物を着ます。体格が合えば、お宮参りの時の「初着(一つ身)」でも大丈夫です。

晴れ着に帯を結ばず、袖無し襟付きの「被布」を羽織ります。

3歳・5歳《袴着》

男の子の正装は「羽織袴」ですが、お宮参りの時の「初着」も使えます。

背中に家紋を入れた「紋付き羽織袴」が正式ですが、羽織は紋付きでなくとも問題ありません。

初着や羽織袴をお持ちでない場合はレンタル衣装で大丈夫です。

7歳《帯解》《四つ身》

7歳では「四つ身」の着物を着ます。

丸帯をしっかりと結び、帯締めは大人と同じ組みひもを使います。着付けの手間を省いたり、着崩れしにくい「作り帯」でも大丈夫です。

女の子・男の子ともに和装の場合は、足元は「草履(ぞうり)」になります。娘が3歳の頃の経験で、やはり普段履きなれない草履は子供にとって負担になります。特に神社の境内は砂利道や石畳が多く、草履では歩きにくいようです。

歩く時はお子様のペースに合わせて、ゆっくり歩くとことをおすすめします。そして、天気が崩れ雨で足元が不安定になったり、途中でお子様のご機嫌が悪くなってしまった時のために、移動用の履きなれた運動靴があると安心です。

衣装レンタルなどをすると、特典などでプレゼントされることもありますが、和装の際には「足袋(たび)」も忘れずにご用意ください。(最近は靴下タイプで履きやすい足袋も売られています)

ー「どうしても着物じゃないといけないの?」

ー「まだ小さいから着ていられるか不安」

そんな時はスーツやワンピースでも大丈夫です。

我が家は写真撮影で和装をし、参拝は娘の好きなピンク色のワンピースの予定です。靴も同系色で揃えて、寒さ対策に羽織りのカーディガンやコートを持参しようと準備しています。

私は店頭で見掛けたことがないのですが、最近は着物風のワンピースや、脱ぎ着しやすい和装風のスーツスタイルもあるようです!

お子様の「歩きやすい・動きやすい」ことを一番にして、大切な「七五三」を楽しい思い出として残したいですね✨

父親・母親の服装

まず第一前提として「七五三の主役はお子様」です。

ご両親がお子様より目立ってしまっては、誰のためのお祝い行事なのか分からなくなってしまいます。お子様に華を添えるような服装・家族で並んだときにお子様が引き立つ色合いになるよう考慮して服装を選ぶと、より素敵な集合写真が残せます。

我が家は娘のピンク色のワンピースに合うよう、私も主人も「濃紺のスーツ」を選びました。全身濃紺の色では暗くなるので、ネックレスやネクタイなどは明るい色目を選び、華やかさもプラスしました。

また服装を選ぶ際には、お子様より格下の服装にし

「夫婦で格を合わせる」

ことを意識して選ぶと、バランスが取れて良いです。

母親が訪問着なのに、父親はジャケット・パンツのカジュアルなスタイルでは、浮いた印象になります。

では、母親の服装から少し掘り下げてお話します。

七五三のときの母親の服装は

「華やか・上品・きちんと感」

が大切になります。

カジュアルすぎる服装や暗い印象のものではお祝いにふさわしくありません。

お子様が和装でお出掛けの際は、可能であれば母親も和装で揃えると華やかな印象になります。

お子様が和装で正装する時は、格をひとつ下げて訪問着や色無地、付下げなど。外出用の着物を選びましょう。

ですが、ひとつだけ気を付けたいことがあります。

着物を着なれていらっしゃる方は大丈夫かと思いますが、普段着物を着られない方だと、お手洗いやお子様のお世話が中々行いにくく感じられるかもしれません。

実際着物を着た娘は、参拝までの砂利道を歩くだけでクタクタ。帰り道は「抱っこーーー!」と騒いでバタバタしていました💦そんな時。着物では普段のように抱っこするのも、おんぶは帯があるため出来ないので、動きやすいよう、ワンピースやセレモニースーツなどのセミフォーマルでの参拝をご検討しても良いかと思います。

娘が3歳の時、私はスーツだったのでお下がりなどの荷物は私が持ち、主人が歩き疲れた娘を抱っこして帰りました。お子様が小さかったり、ご兄弟・姉妹などがみえてお世話が必要な場合は、洋装の方が良いかもしれません。

父親の場合はどうでしょうか?

お子様が和装でも洋装でも、父親の服装はダークカラーのスーツが一般的です。

結婚式や仕事で使うスーツでも大丈夫です。久し振りにスーツを着られる方は、スーツのシワやほころびがないかチェックして、シワがあればアイロンなどで伸ばしましょう。

シャツの色は、ブルーやピンクなどのカラーシャツでも大丈夫です。せっかくのお祝いの場なので、ネクタイもワインレッドやピンクなど華やかに見えるものがおすすめです。

お子様の服装と色を合わせると、家族での雰囲気がまとまります。スーツ同様、シワや我が家はよく忘れている「クリーニングのタグ」なども無いかチェックしておきましょう。(タグの取り忘れ。いつも使い終わった後に気付きます(^_^;))

意外と忘れやすい「靴下」もスーツに合わせた色にするとまとまります。ご祈祷の際は、靴を脱いで拝殿に上がる神社もあります。穴が開いてないかの確認をしましょう。

「七五三」参拝場所について

お寺と神社どちらでも大丈夫?違いはあるの?

七五三の参拝は、神社・お寺どちらでもご家族のお好きな場所で行うことをおすすめします。

七五三について諸説あるなかのひとつでは、旧暦11月に氏神様へ参り、収穫のお礼を申し上げると同時に「子供が無事に成長できたこと」に感謝を捧げる形で始まったと言われています。

神道では、産土神(うぶすながみ…生まれた土地の氏神様)が子供を守ると言われるので、自宅近くの神社へ参拝されるのが一般的です。

一方、お寺でも七五三の参拝を受け付けてみえるところが多くあります。仏教では、仏様や先祖の霊が子供を守ると言われるため「お子様の成長を仏様やご先祖に感謝しましょう」という紹介をされるのです。

どちらで参拝するかの正解はありません。

お子様の成長に感謝してお祝いする気持ちが何より大切なので、お宮参りでお世話になった神社や先祖代々お世話になっているお寺など。ご家族に合う場所で行うのが最適だと私は思います。

神社・お寺のお参り作法

私の実家から歩いて何歩という場所に、氏神様の神社がありました。地域の祭りも盛んだったので、小さな頃から神社での参拝方法は「完璧!」と思っていたのですが、大人になってきちんと調べてみると、勘違いして覚えていることも多々ありました。

大切な日に失敗しないよう、ご参考頂ければ幸いです。

①一揖(いちゆう)の場所

神社では鳥居の前で、お寺では山門の前で一揖します。

一揖とは、両手を胸の前で組み合わせて行う敬礼のことを言います。鳥居や※山門は、神仏がみえる場所への「玄関」にあたりますので、ご挨拶無しに入るのは失礼です。必ず立ち止まって一揖してから入るようにしましょう。

(神社に参拝に行くと、鳥居の前で敬礼されている方をよく見かけると思います。そちらが「一揖」になります。

※山門…お寺の正門

②手水舎(ちょうずや)で手を清める

神仏の前へ出る前に手を清めることを「禊(みそぎ)」といい、大事な作法です。以下の手順で行います。

《正式な手の清め方》

  1. 右手に柄杓を持って水をすくい、左手に水をかける
  2. 左手に柄杓を持ち変え、右手に水をかける
  3. 右手に柄杓を持ち変え、左手に水を受けて口をすすぐ
  4. 柄杓を立て残った水で柄杓の柄(持ち手)を洗い、元へ戻す(4は省略しても可)

※手にかける水は少量でよく、慣れればひとすくいの柄杓の水で1~4の動作が全部出来ます

※衛生面で水で口をすすぐのに抵抗がある場合は、省略しても構いません。ただし、手は清めてください

③お線香をあげる(お寺のみ)

お寺であげるお線香には①身を清める②仏様の食べ物という、ふたつの意味があります。

「常香炉」の前で煙を浴びている人を見掛けたことはありませんか?これは身を清めると同時に身体の悪い部分を祓って頂くために行っています。

お子様の成長に感謝する七五三では、仏様への気持ちとしてお線香を購入しても良いかもしれません。ただしその際に注意することがひとつ。私は知らずに使っていたので今後改めたいのですが、人の着けたろうそくの火は使わないようにしましょう。他人の火を使ってしまうと「その人の※業(ごう)をもらってしまう」と言われています。

※業…人間の身・口・意によって行われる善悪の行為。前世の善悪の行為によって現世で受ける報い

④参拝について

神社とお寺の参拝の作法で間違えやすいのが「拍手👏」です。

神社のお参り作法は「二礼、二拍手、一礼」が基本です。二回お辞儀をしてから、二回拍手し、最後に一礼する作法です。

一方お寺では拍手はせず、手を合わせて祈るのが一般的です。私も何度か失敗したことがありますが、間違えると目立ちますので「神社では拍手、お寺では拍手しない」と覚えておきましょう。

ただ神社やお寺によって、作法が異なることもあります。不安な時は参拝先で事前に確認しておくと安心です。

中々参拝作法を学ぶ機会はありませんので、七五三を機に。お子様と正しい参拝作法を学んでみるのも、面白いとおもいます。

 

また参拝の際に、神社ですとご祈祷のお礼に「玉串料」または「初穂料」と書いてお渡しします。(今は申し込み用紙で名前などを記入し、受付でお支払いするのが一般的かと思います)玉串とは神様に捧げる榊(さかき)の木のことです。榊の代わりにお金を納めますという意味です。初穂料は、その年実った稲の代わりにお金を納めることです。

お寺の場合はお礼に「御布施」と書きます。丁寧にする場合は「七五三詣」と添えて書くと良いでしょう。

 

また、どちらに伺うにしても、ご自宅からあまり遠くない神社やお寺が、個人的にはおすすめです。

神社の場合は、生まれた土地の氏神様に参るのが良いとされています。そして、慣れない衣装での長距離移動や石畳が多かったり、参道がとても長い神社やお寺では「七五三の主役」であるお子様が、疲れてしまいます。

お子様が機嫌よく「七五三詣り」を行えるよう、無理のないお参り先を選ぶのが良いでしょう。

「七五三」の年齢やお参り時期について

数えと満年齢。どちらが正解?

正解・不正解というくくりで言えば、正式には「数え年」での儀式となりますが、現代では「満年齢」で儀式を行うことも増えています。

実際私の周りでも、「髪の毛がまだ少ないし満年齢でいいかなぁ~」という女の子のお母さんや、「兄弟で一緒にお祝いしたいから、数えと満年齢で」という男の子兄弟のお母さんなど、それぞれの都合に合わせてお祝いをされています。

数え年でも満年齢でもどちらでも、ご家族・お子さんの都合に合わせて大丈夫です。ちなみに「数え年」の計算、ご存知でしょうか?

誕生日前なら…満年齢+2歳

誕生日後なら…満年齢+1歳

となります。今年2019年「七五三」のお祝いにあたる方は以下の生まれのお子様になります。👇

2020年の早見表になります。宜しければご参考ください♪

2020年七五三早見表 数え年(生まれ) 満年齢(生まれ)
3歳 男女 髪置 平成30年

【2018年】

平成29年

【2017年】

5歳 男子 袴着・着袴 平成28年

【2016年】

平成27年

【2015年】

7歳 女子 帯解 平成26年

【2014年】

平成25年

【2013年】

お参りの時期はいつ?前後でも大丈夫?

七五三のお祝いの日程は、毎年11月15日とされます。

しかし、その当日や前後付近は非常に混雑すること間違いないので、我が家は3歳の時、混雑を避けて10月中旬頃済ませました。時期も早いとあって人混みもなく、スムーズに参拝とご祈祷をして頂くことが出来ました。

11月15日に必ず!という決まりはないので、混雑を避けたり・ご家族の都合のいい日に変更して大丈夫とのことです。

天候やお子様の体調などに合わせて、お日柄の良い日に参拝できると良いですね。

時期は11月15日の前後1カ月くらいの間で良いそうです。

ご家族皆様の予定の合う時に、是非お出掛けください。

「七五三」記念撮影について(体験談)

記念撮影は当日?前撮り?おすすめは〇〇

こちらについては後日詳しく記事を書きますが、体験談としてお話します。

やはり記念撮影は

「前撮り」

を断然おすすめします!

小さなお子様なら尚更、「撮影」と「参拝」は別日にして、ゆとりをもったスケジュールにすると、お子様のぐずぐずや急な予定変更があっても、改めて日を設けることも出来るので

「当日で全て終える!」

と意気込むより、余裕を持ったスケジュールで無理なく「撮影」と「参拝」を行う方が上手くいきます。

7歳の我が子でも、約二時間におよぶ撮影後はヘトヘトになり、撮影後半は「疲れた~⤵」と騒いでいました(^_^;)

ー「我が家は一日で絶対終える!」

ー「体力には自信があるから問題なし!」

と言う方は、当日で両方行うのもありだと思いますが、七五三の主役である「お子様」の体調やご機嫌を損ねず予定を済ませるなら…

「前撮り」

をおすすめします。

撮影やアルバム、まるっとこれだけかかりました!

今回我が家は、最近「ゆりやんレトリィバー」さんのCMでお馴染みの「スタジオマリオ」で撮影をしてきました。

写真は「七五三プレミアムセット」の「写真集Cセット・マイピクチャーコレクション」を選びました。内容としては、写真枚数16枚 アルバムとハーフサイズのアルバム2冊付き。更にフォトフレームふたつは写真が2枚選べ、計18枚の選んだ写真はCD-ROMで頂けるセットでした。

そちらに追加画像2枚を加え、Web予約特典や七五三キャンペーンなどの値引きをしていただいて、締めて…

58,850円

という金額になりました!

撮影やアルバム作成についてなど、いろいろと語り尽くしたいのですが、長ーーーく。なりそうなので、改めて書きます📝

子供が生まれてから三社で写真撮影をしていますが、一番コスパがよく。アルバムはもちろん、両家に渡せる「ハーフサイズアルバム2冊」付いているのが、個人的に嬉しいポイントでした。

「七五三」まとめ📝

○子供の服装は洋装・和装どちらでも。ただし和装の場合はお参り後の着替えや靴があると便利

○親は「お子様」に華を添えることを意識した装いで

○神社は拍手、お寺は拍手しない。お詣り先は近場の神社やお寺がおすすめ

○数え年・満年齢、子供・家族の都合に合わせて行う

○お詣り時期の目安は11月15日の七五三から前後1ヶ月

○記念撮影は「前撮り」がおすすめ

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました(*^^*)

お子様の「七五三」が素敵な思い出となりますように✨

 

参考資料:スタジオマリオ「七五三の知識」

洋服の青山「七五三にふさわしい服装」

ABOUT ME
zakuron
小学校に通う娘と超絶ポジティブ思考の旦那を持つ主婦です。長年衣料品の販売員として接客の楽しさ奥深さを学び、結婚を機に退職。 趣味はゲーム・映画鑑賞・漫画を読むこと(主に少年漫画) 今一番ハマっているゲームは「ゼルダ無双 厄災の黙示録」です。楽しくて嬉しくて泣けて…と忙しく日々プレイしています。 また自己啓発本も大好きです♪ 時々落ち込んでも家族に助けられ、上を向いて元気に生きています。 好きな言葉は「なんとかなる!」です。