幼稚園

幼稚園の運動会🚩の練習を頑張る我が子を支える心得

こんばんは🐑🌃

減量に挑むも秋の美味しい誘惑には逆らえない!お豆腐メンタルな、ざくろんです🍒

皆様お元気ですか?

本日も当ブログにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

さて、本日は。秋の運動会に向けて、毎日練習に励む娘と過ごしていて、気付いたこと・心掛けていることをまとめた、「親の心得」について、お話しようと思います。

大舞台を前に練習を頑張る分、疲れもあるし、うまく練習がいかなければモヤモヤしたり、落ち込んだり・・・子供ながらに「悩む」とまではいかなくても「情緒不安定」になったりすることも、しばしば・・・そんな時こそ!お家での親のcareで、また明日から元気に練習に励めると思うんです!

我が家流の「心得」ではありますが、何か参考になることがあれば幸いです。

では、早速参ります🏃💨

指摘・注意を減らし「あるがまま」を受け止める

最近の娘は、ちょっとしたことに敏感です。

「あれ?歯磨き終わった?」

「トイレ済ませた?行ってきてね」

普段なら「うん」とか「これから~♬」と返事があるのですが、ここ最近は…

「今からやるもん!!」

「さっき行ったでしょ!!」

と、ちょっと語尾が強めです。怒ってるの?と聞くと、ママが聞くからでしょ!とまた怒られる始末…うん。すみません、私が悪うございました。と始めは思っていたのですが、何度か続くと私も黙っていられなくなり…フンガーーーッ!!となってしまい、あとで後悔する日々でした。

子供が眠った後、最近の様子が「いつから」なのかを考えました。それは新学期が始まってから。そう、運動会の練習が本格的に始まってからでした。もちろん。それだけが原因ではないでしょうが、大なり小なり「疲れ」や「プレッシャー」を感じているのは、毎日一緒にいますから、肌で感じます。

なので、ここは親の私たちが大きな心で受け止める時です。

些細なことで指摘・注意しない。声を荒げて怒らない。そして子供が怒っていたり感情的になっていても、まずは。

ありのままを受け止める

これが子供にとっての安心に、そして親の方も感情的にならず一度落ち着くことが出来る方法のひとつだと思います。まずは、「そう感じたんだね」「嫌な気持ちなんだね」子供のありのままの気持ちを受け止め、落ち着いてからこちら側のお願いや気持ちを伝えるのが良いんだと感じました。

実際、今までは朝のお支度に口を出したり、急がせたりしていたのですが、「指摘・注意」から「確認」だけをするようにしたところ、随分と穏やかに過ごせるようになりました。

それでも感情的になってしまい、怒ってしまう時は

深呼吸をして、心の中で6秒数える

ことを行ってみてください。人間の怒りのピークは、「6秒」だそうです。なので、どうしてもイライラが溢れて怒ってしまいそうになった時は、「深呼吸」をして一旦落ち着きを取り戻せるよう、心の中で数を数えてください。

1…2…3…4…5…6…

いかがでしょうか?少しは落ち着きましたか?私も毎回とまではいきませんが、思い出した時に実践しては、落ち着きをなんとか取り戻しています。怒りのピークさえ乗り越えてしまえば、怒りを噴火させることなく。子供と向き合えるので、おすすめです。

極力感情的にお互いがならないよう、まずは「ありのままを受け止める」ことを意識して、私も過ごしたいと思います。

視界ストレス軽減「掃除・整理整頓」で居心地よく

主人がこのブログを見たら…

「どの口が言うんだ~!」

と笑われそうですが…それでも敢えてお話します。

普段何気なく過ごす我が家。散らかったリビング・物が溢れる子供部屋・シンクに溜まった洗い物…そのような「雑然としたもの」を見続けていると、「ストレスがたまる」ことを、ご存知ですか?

もちろん。普段から整理整頓ができていて、掃除が行き届いているお家ならバッチリなのですが…雑然としがちだったり、物をためやすい傾向にあるならば注意が必要です。

実際我が家は、親子喧嘩・夫婦喧嘩が多くなる時。部屋を見渡すと、物が散乱していたり、掃除がおろそかになっていたり…環境が「乱れている」時になりがちです。逆に意識的に掃除したり、片付けをしていて部屋が「整っている」時は、穏やかに過ごせることが多いです。

気分的なことだと思われるかもしれませんが、例えばお子さんを叱ってしまう時って、どんな時ですか?我が家は「物がない」と騒いでいる時に、「使ったら元の場所に返さないとダメでしょ!」となることが多いのですが、これは元を正せば「整理整頓」されていたら、困ることも叱ることもなかった話ですよね?

大きくなっても子供って床でゴロゴロ寝転がったり、おもちゃの「食べ物」で食べる真似をして、本当に食べなくても口を付けてしまったり…そういう事大好きですよね?(とりあえず我が家はですが💦)そんな我が子を見て「そんなところで寝ないの!」「口付けないの!」って、言いがちですが…そもそも「綺麗に掃除」してあれば、転がってようが、ちょっと口を付けたりしようが、怒るような問題ではないですよね?

少し話がそれましたが、身体的にも精神的にも疲れやすい「練習を頑張っている」この時期は、いつもより意識的に「掃除・整理整頓」を心掛ければ、視界ストレスはもちろん。不要なことで怒ったりしなくて済むので、運動会期間だけとは言わず、それからも継続して「掃除・整理整頓」を頑張りたいと思います。

「清潔で整っていれば不要なストレスはなくなる」

この言葉、忘れないようにしていきます。

栄養バランスよりも「食べると元気になるもの」を意識

お子さんの好きな食べ物は何ですか?我が子は「オムライス🐥」が好きなので、よくリクエストされます。出来るだけ野菜を摂ってほしいので、細かく刻んでチキンライスに混ぜ込み、ぱくぱく食べてくれるのを見ながら「よしよし!野菜も沢山摂れたぞ~🎶」と密かに喜んでいます(笑)

体を健康に保つには、「栄養バランス」も勿論大切ではありますが、子供が「大好きなもの」「食べると元気になるもの」をいつもより頻繁に出してみるのはいかがでしょうか?すると、子供の気分も良くなり、「元気・やる気」が出てくるので、こちらも嬉しくなります。

「それでも栄養バランスが偏るのはちょっと…」

と思われるなら、先程私が話した「オムライス🐥」のように、好きな食べ物に「野菜をたっぷり混ぜ混む」など一工夫で、栄養面も気配りしていただけたらと思います。

我が家がよく「野菜を食べてもらう工夫」として行うのは、野菜をおやつで出したり(レンコンチップスやすりおろし人参パンケーキなど)ハンバーグや炊き込みご飯など混ぜ込みやすいものに刻んで入れたり、それでも苦手な野菜などは…諦めます!スッパリと!他の野菜で補えれば良いと思っているので(^-^;

「やった~!大好きなごはんだ!!嬉しい~♪」

なんて、子供が喜んでくれるメニュー。手作りでもお店のものでも何でも良いんです!

「子供が喜んでくれる」=「元気になる」メニュー

で、毎日頑張る子供を食事で応援しましょう!!

 

「早寝・早起き」で疲れをリセット!毎日元気に💪

皆さんのお子さんは、早寝・早起き出来ていますか?

残念ながら我が家はできる日とできない日があり、特に朝はものすごく早いわけではないのですが、眠たそうにボンヤリしてます。

勿論その原因は、「早寝」をせず、夜ダラダラ起きてしまっていることが一番の原因です。または深い睡眠が取れていない?こともあるかもしれません。

普段なら気にしすぎないようにしていますが、今は毎日運動会の練習で体が疲れています。幼稚園帰宅後も比較的本人はケロッとしていますが、少し遊んでは「眠たい」「足が疲れた」など疲労を溢すこともしばしばあります。

そんな体を沢山動かし、練習に励んでいる子供のために。やはり「しっかりと睡眠をとる」ことを親は気を付けないといけません。

睡眠時間は「90分の倍数」「子供は10時間以上」なんて、世間ではいろいろ睡眠時間について言われていますが、「子どもに合う」時間で良いと思います。

我が家は長年?子供がスッキリ起きれる睡眠時間が「約10時間」なので、それを目安に時間を決めると…我が家の場合。

夜は9時までに寝て、朝は7時には起きる。

…これだと小学校には間に合わないので来年のことを思うと、アウトー🙅なんですが、まずは「運動会🚩」に向けて、この時間を目安に段取りして、寝かせたいと思います。

「そんなこと言っても夜更かしばっかりだもの困っちゃう💦」

そんな時は、「朝🌄」にお楽しみを作って早めに寝てもらう作戦です!何でも良いのですが、出来るだけ効果が高い「お楽しみ」が良いと思うので、是非お子さんの様子を観察して見つけてください。

我が家は最近お気に入りの「リカちゃん人形🎀」で遊ぶことが一番のお楽しみなので、夜中々寝てくれない時は、「よし!明日登園準備が出来たら一緒にリカちゃんで遊ぼう!」と約束します。すると高い確率で「じゃあ、早く寝なくちゃ!」と進んで寝る準備をしてくれるので、助かっています。

朝遊ぶ時間が無いなら「早くお布団に行けたら絵本が沢山読めるよ~♪」などでも比較的動いてくれました。なにか「お楽しみ」があれば、子供は行動してくれるようです。

毎日元気に過ごすためにも「早寝・早起き」でその日の疲れはその日の内にリセットして、子供を筆頭に親である私たちも健康的に過ごせたら素敵だなぁと思います。まずは「寝るまでの段取り」をしっかりして、「早寝」心掛けます!

心の安心が一番!「ハグや手繋ぎ」でたっぷりの愛情を♥

皆さんは日頃からお子さんをギュッと抱き締めていますか?

日常を思い返すと私は一方的な「ハグ」が多く、子供が「ハグ」を求めた時には中々出来ていないことに気付きました。本当は子供が求めた時にこそ。ギュッと抱き締めてあげることが大切なんだと思います。

中々普段「抱き締める」ことがないならば、この機会にお子さんを優しく抱き締めることを、日常の習慣にしませんか?きっと初めは慣れなくて戸惑いもあるかもしれません。けど、子供にとって親の「ハグ」は何よりも安心するものです。

赤ちゃんの頃は当たり前のように抱っこして触れあっていたのに、歩くようになって大きくなると、中々触れあうことも少なくなります。勿論例外の方もみえると思いますが、赤ちゃんの頃と比べれば、「ハグ」したり「手を繋ぐ」機会も減っているかと思います。

運動会の練習で体は勿論。心だって「疲れてる」子供のためにも、「ハグや手繋ぎ」で心からの安心を与えてください。そして「大丈夫だよ」「頑張ってるね」「素敵だね」と子供に沢山語りかけてください。誰とも比較せず「子供を主体」にして沢山誉めてください。きっと明日からも「元気に行こう!」と前向きになれるはずです。

もし、それらの言葉が重荷になるならば「大丈夫だよ」あなたはあなたのままで「大丈夫だよ」とまるごと包み込む、親の愛情を伝えて頂ければと思います。どうか「頑張れ」と追い込むことはしないでください。それで私はどれだけ後悔したことか…今思い出しても本当に子供に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

「我が子に合う愛情表現」

それを念頭にしつつ「ハグや手繋ぎ」で心の安心を大切にして頂ければと思います。

 

と、いろいろと暑苦しく?!語りましたが、実際私はまだまだ出来ていないことばかりです。「完璧」を目指すのではなく、ひとつずつひとつずつ。日常に取り組んで、子供を支えればと思います。ぼちぼちと頑張ります💪

最後までご覧頂き、ありがとうございました(*^^*)

皆さんのお子様の運動会🚩が素敵な一日となりますように✨✨

 

ABOUT ME
zakuron
小学校に通う娘と超絶ポジティブ思考の旦那を持つ主婦です。長年衣料品の販売員として接客の楽しさ奥深さを学び、結婚を機に退職。 趣味はゲーム・映画鑑賞・漫画を読むこと(主に少年漫画) 今一番ハマっているゲームは「ゼルダ無双 厄災の黙示録」です。楽しくて嬉しくて泣けて…と忙しく日々プレイしています。 また自己啓発本も大好きです♪ 時々落ち込んでも家族に助けられ、上を向いて元気に生きています。 好きな言葉は「なんとかなる!」です。