お家

築五年の我が家が思う「こうしたら良かったな」なこと~内装編①~

我が家は今年で住み始めて五年になります。

大好きな我が家ですが暮らしていくうちに、「ここはこうしてれば…」「あれがあったら…」などのタラレバが度々出てきます。

特に私達は、「住めれば良い」と内装にはあまり時間を掛けず、周りのアドバイスを素直に従い決めました。「自分達」目線ではなく、「世間一般・流行」目線で考えられているのです。(もちろんこだわったところはありますが、分からないところはコーディネイターさんに丸投げなことが多かったです)

そりゃあ、「自分達」には住みにくいですよね?

今ならお家の勉強会や、インテリアコーディネイターの方などに詳しく教えを乞うのですが…その当時は考えてもいませんでした。

なので、これからお家を建てられる・内装に悩んでいるならば少しでも参考になれば幸いです。

では、「内装編」スタートです!

 

子供のことを考えるなら、角は無くす

実家でよくやらかしていたのですが、タンスの角で小指をぶつける。

まさしく、これを無くすイメージです。

我が家は兎に角、「角」だらけ。

柱も壁の角も階段も、各所扉も全部カクカク。

大人なら「いったーーーい!!」と叫ぶ位で済みますが、小さな子供。ましてやこれから赤ちゃんが生まれるなら、極力「角」は無くすことをオススメします!

不要な怪我を避けれますし、柔らかな雰囲気が好みなら角が丸いだけで、印象はグンと変わります。実際兄のところは内装が全体的に角を無くした、柔らかな雰囲気のお家になっています。「角がないだけで、我が家とは印象が違う」と先日身をもって体感しました。

全てを丸く作るのは難しいですが、壁の角や柱など、ぶつかってしまったら痛いところは、角を無くすことをオススメします。

掃除が苦手なら装飾はシンプルに

きちんと理由があっての「巾木(はばき)※1」ですが、掃除が苦手ならば、いっそ無くても良いと思います。実際床掃除はしても、巾木に溜まる埃までは毎日掃除は出来ません。普段使わない部屋の巾木は、五年掃除してませんでした。

昨日恐る恐る五年越しの巾木を掃除したら、こんもりと埃が溜まっていました。見てみぬふりをしていたら駄目だと痛感しました。

また巾木以外にも言えることですが、「埃の溜まりにくい」内装にすることも、快適に住むには大切だと思います。

私のお気に入りですが、カーテンレールが直接外に出ておらず、壁をくり貫いた所に付いているため、埃が沢山溜まると言うことがありません。少しでも掃除をする箇所を減らして内装を考えると、「シンプル」な内装に行き着くと思います。

お洒落な雰囲気や流行りも大切かもしれませんが、「住む人が快適に」=「掃除しやすい造り」が重要だと私は思っています。

こだわりの内装ではなく、「なんとなく」で考えている内装は

今一度。ご検討されることをオススメします。

勿論。「お掃除大好きだから、内装こだわっても綺麗にするわ!大丈夫!」と自信のある方は、是非こだわって頂ければと思います。

※1 床との継ぎ目で、壁の最下部に取り付ける細長い横板の事。と壁の境目となり、汚れたり、壊れやすい壁の下部を保護するのが目的。(コトバンク参照)

正直「階段下収納」は使いにくい

そのままズバリです。

構造上仕方ないとはいえ、兎に角不便。が私の感想です。

中に仕舞うものを、「防災用品」「オフシーズン物」等と決めてしまえば、使う頻度が少ないので苦になりませんが、我が家の場合、飲料水のストックや洗濯ハンガー日用品のストックにも使用しているので、頻繁に腰を屈めて、奥ならば四つん這いになり、頭を気にしながら物を取る。この3ステップだけで、「よっこらしょ」と声が出てしまいます。(私だけかもですが)

もし、階段下収納を利用するならば、「使用頻度が低いもの」をカテゴリーごとに分けて収納しておくと、億劫にならず活用できるかと思います。私も今一度見直して、上手く活用する方法が見つかりましたら、またこちらでご案内します。

最後までご覧頂き、ありがとうございました(*^^*)💠

 

 

ABOUT ME
zakuron
小学校に通う娘と超絶ポジティブ思考の旦那を持つ主婦です。長年衣料品の販売員として接客の楽しさ奥深さを学び、結婚を機に退職。 趣味はゲーム・映画鑑賞・漫画を読むこと(主に少年漫画) 今一番ハマっているゲームは「ゼルダ無双 厄災の黙示録」です。楽しくて嬉しくて泣けて…と忙しく日々プレイしています。 また自己啓発本も大好きです♪ 時々落ち込んでも家族に助けられ、上を向いて元気に生きています。 好きな言葉は「なんとかなる!」です。