健康

絶対おススメしたい家庭用ウォーターサーバーランキングベスト5!魅力を徹底紹介します!

家族を健康にするウォーターサーバーが大人気!

毎日の生活に欠かせない「水」は、現代人の元気の源となっています。

毎日飲むからこそ、美味しい天然水で健康に過ごしたいですよね。

特に小さいお子さんがいる家庭においては、安心で安全な水を生活に取り入れたいと思うもの。

そこで今回は、一般家庭用に向けた「絶対おススメしたい家庭用ウォーターサーバーのランキングベスト5」をご紹介したいと思います!

【家庭用ウォーターサーバーで注目したいポイントは3つ!】

一言でウォーターサーバーと言っても、実に様々なウォーターサーバーが登場しています。

今回は一般家庭用ということで、以下の3つのポイントを軸にランキングを決定していきたいと思います!

『おススメポイント①:1年あたりの平均費用』

ウォーターサーバーには、初期投資の他にも、メンテナンス代や水の購入縛りがあったりするなど、目立たないけど後から色々と考えさせられる料金体制をとっている場合が多いです。

そこで、実際のところどれくらい費用がかかるのかを明確化するために1年あたりの平均費用として算出していきたいと思います。

なお、消費する水の量については、食事以外で飲む水の量はだいたい1日1.5リットルと言われていますので、ウォーターサーバーを用いて1日1リットル飲むと仮定し、4人家族で1日4リットル消費する計算で算出しています。

『おススメポイント②:サイズのコンパクトさ』

一般家庭用としてウォーターサーバーを設置するにあたり、大きな問題となるのがサイズです。

キッチンには既に冷蔵庫や食器棚、炊飯器に食洗器など、後から設置することとなるウォーターサーバーの場所は確保されていない場合がほとんどです。

サイズがコンパクトでないと、良い機能を持っていたとしても設置できないため、ランキングの中でも大きなおススメポイントとして考慮していきます!

『おススメポイント③:特長にできる個性』

ウォーターサーバーはどのメーカーもレベルが高くなってきており、差が小さくなってきています。

そこで、他のウォーターサーバーに負けないような、ひと際目立つ個性をおススメポイントの一つとしました。

ウォーターサーバーの差別化ポイントとなりますので、是非チェックして頂きたいポイントとなります。

【第1位:アクアクララ(アクアスリム)】

・年間かかる費用:10点(年間73,800円(月額6,150円))
・サイズのコンパクト:9点(275mm×313mm×1235mm)
・特長となる個性:8点
⇒合計:27点

圧倒的な価格設定で他を圧倒した「アクアクララ」が第1位となりました!

年間かかる費用が軒並み10万円を超える中、唯一7万円台となったのは非常にポイントが高いですね。

アクアスリムの場合「あんしんサポート」が月に1000円かかってしまいますが、水が非常に安いため、電気代と合わせても全く見劣りしませんでした。

また、サイズについても幅が275mmと隙間にも入るような設計となっており、一般家庭用としては一番向いているウォーターサーバーと言えるでしょう!

個性としては、アクアクララにはコーヒーマシン付のウォーターサーバーがあるのが大きいですね。

使いやすさでは、チャイルドロックがあるため小さなお子さんがいても安心できるのも高評価のポイントとなりました!

『実際にかかる費用(アクアスリムの場合)』
・水:12リットルで1200円
・あんしんサポート:1000円/月
・電気代:350円/月(節約サーバー)

【第2位:プレミアムウォーター】

・年間かかる費用:7点(年間100,190円(月額8,350円))
・サイズのコンパクト:10点(270mm×337mm×1272mm)
・特長となる個性:9点
⇒合計:26点

一般家庭のライフスペースにウォーターサーバーを置こうとした際、一番ネックになるのは「幅がどれくらいあるのか?」という要素です。

お子さんがいる場合は、オムツやおしりふきペーパーを収納するスペースが必要ですし、オムツのゴミ箱も置くとなると部屋の幅って全然余裕がないのが現状かと思います。

プレミアムウォーターは、幅がたったの270mmとなっていて、1位のアクアクララの「アクアスリム」同様トップクラスのスリムタイプとなっています。

費用としては、年間で10万円超えてしまうのがちょっとネックではあるものの、「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2020」の天然水ウォーターサーバー部門で1位になるなど小さなお子さんがいる家庭に是非勧めたいウォーターサーバーとなっています!

『実際にかかる費用』
・水:12リットルで1960円(基本プラン)
・サーバーレンタル代:550円/月(初月は無料)
・電気代:500円/月(エコモード)

【第3位:コスモウォーター】

・年間かかる費用:8点(年間97,200円(月額8,100円))
・サイズのコンパクト:7点(310mm×348mm×1290mm)
・特長となる個性:10点
⇒合計:25点

年間10万円を切ることで価格面をアピールポイントにもっているコスモウォーター。

サイズのコンパクトさとしては幅が30cmを超えてしまうものの、それを上回る個性を持っていることで堂々3位にランクインしました。

ぜひとも推していきたい個性は2つありますので、簡単にご紹介しましょう!

まず一つ目は、「Wクリーン機能」です。

天然水とは言え、長期間ウォーターサーバーを使っていると内部が汚れてきてしまいます。

しかし「Wクリーン機能」により、サーバーの内部は綺麗に保たれるため、天然水はずっと鮮度が保たれて衛生的となるのです。

長年使っていくのであれば、なるべく手間がかからない方が嬉しいですよね。

そして二つ目は水ボトルの交換が足元でできることです。

水ボトルはだいたい10リットルを超えるのがほとんどであるため、奥さんやお子さんでは交換が難しいとされてきましたが、持ち上げ不要であるため、安全に交換ができるのです。

このように、毎日使うことを想定した工夫は、大きなポイントとなりますよ!

『実際にかかる費用』
・水:12リットルで1900円
・安心サービス料:100円/月
・電気代:400円/月

【第4位:フレシャス(スラット)】

・年間かかる費用:6点(年間116,850円(月額9,750円))
・サイズのコンパクト:9点(290mm×350mm×1110mm)
・特長となる個性:9点
⇒合計:24点

人気キャラクターとコラボしたウォーターサーバーを展開するフレシャスは、子どもにも大人気となっています。

また、他のウォーターサーバーにはない特色として、なんと天然水の種類が選べるというこだわりもあります!

富士、朝霧高原、木曽の3種類から選べるのですが、水に対するこだわりも一級品となっています。

このようなこだわりがあることから、費用が高くなってしまっているものの、十分納得できる値段設定となっています。

なお、フレシャスにもコーヒー機能付きのウォーターサーバーがあり、こちらはUCCとの共同開発となっており本格的ですよ!

『実際にかかる費用』
・水:9.3リットルで1650円
・サーバーレンタル代:990円/月(初月無料)
・電気代:330円/月(エコモード)

【第5位:サントリー天然水サーバー】

・年間かかる費用:7点(年間100,680円(月額8,390円))
・サイズのコンパクト:5点(370mm×450mm×1240mm)
・特長となる個性:8点
⇒合計:20点

「南アルプスの天然水」というサントリーのブランド水が自宅で楽しめるという、なんとも豪華なウォーターサーバーです。

確かなブランドであるため、安全性としてはピカ一と言っても過言ではありません。

年間費用としては10万円に達してしまうものの、サントリーの天然水ですから、納得できる範囲かなと思います。

一つ残念な点としては、サイズが全然コンパクトではないという点です。

幅が370mmと他のウォーターサーバーよりもかなり場所をとってしまうため、あまり場所に余裕のない一般家庭用としては大きなマイナスポイントとなっています。

設置場所に余裕があるのであれば、おススメできるウォーターサーバーかなと思いますね!

『実際にかかる費用』
・水:7.8リットルで1250円
・電気代:700円/月(弱温モード)

いかがでしたか?ご自宅のスペース・ライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選んで、美味しい水で健康な毎日を過ごしたいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました☺️

ABOUT ME
zakuron
小学校に通う娘と超絶ポジティブ思考の旦那を持つ主婦です。長年衣料品の販売員として接客の楽しさ奥深さを学び、結婚を機に退職。 趣味はゲーム・映画鑑賞・漫画を読むこと(主に少年漫画) 今一番ハマっているゲームは「ゼルダ無双 厄災の黙示録」です。楽しくて嬉しくて泣けて…と忙しく日々プレイしています。 また自己啓発本も大好きです♪ 時々落ち込んでも家族に助けられ、上を向いて元気に生きています。 好きな言葉は「なんとかなる!」です。